HOME>注目記事>意外と知らない様々な業務をこなす為の運動原理とは

原理やどんな業界で使われているかを知る

工事現場

自社製品の品質の安定や、原料を砕かなければならない事業所での高精度の解砕といった事で悩んでいる事業主の方や担当の方もいるのではないでしょうか。そんな時には、高性能の振動ふるい機の導入を検討すると良いでしょう。振動ふるい機は、砕きたい材料等を機械の中に入れ、モーターや振動体等の動きにより縦・横・斜めの振動を発生させ、機械の中の網状の部分の上に均等に効率よくふるい分けをする事により、材料を砕いたものの粒の大きさや品質等を一定にする事を目的とした機械です。また、日本で販売されている振動ふるい機の多くに、振動体等に取り付けられた重りの場所を変える事により、1粒の大きさ等をコントロールする事が出来る機能が付いています。このような高性能なものが多い日本製の振動ふるい機は、金属加工やセラミック等の窯業関係、さらには小麦粉やパン粉の製造といった食品加工の分野等にまで幅広く導入されています。

どれが自分の会社等に合うかを判断しよう

工事現場

そんな振動ふるい機を自社や事業所に導入する際には、どのような物を選べば良いのでしょうか。最適なものを選ぶためには、まずどのような性能を重視したいかという点を整理しておく必要があります。振動ふるい機には振動力が強く固い材料を砕く性能に秀でているものや、入れた材料と大きさや材質等の違いを即座に判断し異物を除去する異物除去能力が優れているものなど様々なタイプがあります。導入目的に特に秀でているものを絞ってから自社のニーズに合ったものを選ぶ事が効率的です。そうして多くのものから数点に候補を絞ったら、次にその振動ふるい機のメンテナンスのしやすさやサポート体制等を見ます。万が一の不具合が起きてしまった時に、業務を滞らせてしまわないようにそのような点は非常に重要です。そして、自社と同じような業界での導入実績は豊富か、どの程度の連続稼働に耐えられるか等という点を確認していきましょう。

広告募集中